• HOME »
  • 札幌リブレ行政書士法務事務所について

札幌リブレ行政書士法務事務所について

札幌リブレ行政書士法務事務所からのご挨拶

札幌駅から徒歩3分の立地にて、事務所を構えております札幌リブレ行政書士法務事務所と申します。
行政書士が皆さまと関われる業務分野は非常に幅広く、法人・個人事業主のお客様にはビジネスのお手伝いとして、会社設立(株式会社、合同会社など)、各種営業許認可(介護事業指定申請、運送業、建築業、飲食店)などの手続きサポート、個人のお客様には、相続・遺言書・成年後見。内容証明郵便や外国人のビザについてなどの手続きサポートをさせていただいております。

ご相談の始まりは、「こんなことで困っているのだけど、こんな場合はどうしたら良いの?」というお客様の一声からはじまることも多いので、ご遠慮の必要はございませんので、まずはお気軽にお問い合わせいただければ、必ず何らかの形でお力になれるはずです

手前味噌で恐縮ではございますが、ご相談やご依頼をいただいた多くのお客様から「話しやすい雰囲気で安心した。」「人あたりがやわらかくて相談しやすかった。」などというお褒めの言葉もいただいておりますので、日ごろから心がけていることが少しでもお客様に伝わっているようでうれしく思います。少しでもお客様のお力になれるよう奮闘しておりますので、お客様のこんなことできるの?をどんどんぶつけていただければと思っております。


▼平成24年12月11日(火)14:00-14:30放送分
FMアップル(76.5MHZ)メディアリンクス第2回放送ゲスト出演

お客様に捧げる3つの「100%宣言」

①100%ウェルカム宣言! ~お客様をあたたかく迎え入れます~

我々にご相談・ご依頼いただいたお客様に対して、お客様の問題解決やニーズを満たすために必要なことは全てやり尽くします。中には業務の性質により行政書士として行えないものもありますが、「うちでは出来ない」「その相談は聞けない」とせっかく来ていただいたお客様を蹴っ飛ばすのではなく、「その場合ならこういう専門家がいるのでご紹介します。」「そのためにはこんな手段が考えられます。」という道しるべを提示させていただき、お客様の問題解決に努めます。ご契約に至らなかったとしても、我々は「お客様専属の権利実現コンシェルジュ」としての使命を全う致します。

②100%ヒアリング宣言! ~専門用語を使わないで、お客様の声をよく聞きます~

せっかくご相談・ご依頼いただいても、我々が専門用語ばかりを使ってお話をするのでは、真に意図するところがお客様にきちんと伝わらない可能性が出てくるため、我々はなるべく専門用語を使わないで、わかりやすく説明させていただくことを心がけております。
また、機械的な定型業務ではなく、心のこもったお客様専用のオーダーメイドサービスの提供なので、お客様の想いや希望・要望などは余すところなくお伺いさせていただきます。その上で、それを実現するための提案をさせていただきます。

③100%明朗会計宣言! ~料金は事前に明確に提示、納得いくまで説明いたします~

お客様にとって、普段から日常に使うわけではない法律的サービスの一部である行政書士業務について、心配な部分の1つとして大きいのは、料金についてでだと思います。相場もわからなければ、料金についての内訳も不明瞭、というのでは判断しかねるところだと思いますので、我々はお客様が納得できるように、事前に明確な料金を提示させていただき、その上でお客様にご納得していただいた上でのご契約になりますので、ご安心くださいませ。


メディア出演・マスコミ取材

▼平成28年6月29日(水)
行政書士ネットワーク様主催のセミナーにて「行政書士業務としての介護・福祉関連事業への関わり」というテーマでセミナー講演

 

▼平成28年5月20日(金)
十勝毎日新聞様に取材され記事掲載

 

▼平成28年1月7日(木)
東京リーガルマインド(LEC)様に取材され書籍「私が士業として生きる理由」に記事掲載

 

▼平成27年11月25日(水)
恵庭・千歳中小企業支援行政書士ネット様・恵庭市様の賢く使おう! 「社会保険労務士が教える雇用関連助成金」講演会にて講演

 

▼平成27年11月25日(水)
ヒューマンカレッジ札幌校様の経営マーケティングの授業で講演

 

▼平成27年8月21日(金)
日本政策金融公庫様主催創業支援セミナー「聞いて得する!専門家が教える確かな創業プラン作り」にて講演

 

▼平成27年1月1日(木)
月刊センチュリー(2015年1月号) 取材され記事掲載

 

▼平成26年11月29日(土)
LEC東京リーガルマインド札幌本校様主催
『若手行政書士による開業エピソードと野望の話』 にて講演

 

▼平成26年5月14日(水)
高齢者住宅新聞 取材され記事掲載

 

▼平成25年10月21日(月)
北海道新聞 夕刊 取材され記事掲載

 


行政書士・スタッフの紹介

札幌リブレ行政書士法務事務所では、我々がお客様を責任もって全力サポートさせていただいております!

①代表行政書士(安田大祐)プロフィール

●基本情報


プロフィール写真(安田大祐)

氏名 ●安田大祐(やすだだいすけ)
生年月日 ●1986年5月1日おうし座
(誕生日が5月なので、学生の頃はいつも、みんなと仲良くなる前に誕生日が過ぎ去ってしまうのが、少しだけ悲しかったです(笑))
血液型 ●A型
(「几帳面だからA型だと思った」と言われる場合と、「おおらかだからO型だと思った」と言われる場合があります。
ふと思ったのですが、行政書士業務は几帳面に完璧にこなし、お客様への応対はおおらかにやれていれば、なかなかステキな行政書士象であるのではないでしょうか?)
資格 ●行政書士
●FP2級
●個人情報保護士
(教育学部で学ぶ大学2年生のときに出会った、教職免許取得のための必修授業であるからという理由だけで嫌々出た「法学入門」という授業で、法律や行政書士について初めて触れたのがきっかけで、今の自分があります。)
出身 ●幼稚園年少まで 北海道札幌市南区真駒内で生まれ
●幼稚園年長以降 北海道札幌市東区東苗穂育つ
(生まれも育ちも札幌です。就職活動をしていたときに、一時、東京での就職も考えましたが、何度か東京へ行っているうちに、「やっぱ住むなら札幌!」という想いが高まり、今後も札幌に根差した活動をしながら、札幌発信のビジネスで、全国、全世界に影響を与えていきたいと思っています!)
趣味① ●ギターと歌の音楽活動
(相方とのアコースティック2人組み。シンプルにギターと歌のパートで、心に響かせる音楽を目指しています。
活動の場所は、狸小路などの路上ライブや小さなBARでのライブが中心です。
私は主に歌がメインです!ちなみに、私は相方が奏でるギターや創り出す楽曲が大好きで、彼以外と同じ形態での音楽活動をするつもりはないというほどの大ファンです(笑)
趣味② ●海外バックパッカー旅行
(大学生の頃から、海外の魅力にとりつかれ、アルバイトをしてお金を貯めては海外へ3~4週間、バックパック1つだけの身軽なスタイルで、歩き回っていました。なんとなくマイナーな国に行くのが好きで、アイルランドに7か月留学したり、ルーマニアやブルガリアなどの東欧、地中海の小さな国マルタ共和国、当時はもっと穏やかだった中東のシリア・エジプトなど、そういうところが好きです。思い出深いのは、スウェーデンで遭難しかけた真冬の北極圏や、夜の雨道でオカマにビンタされたタイなどです。)
一言メッセージ ●私の使命は、行政書士として、法律的な手続きというアプローチからお客様の不安を解消し、希望を拡張することです。その結果お客様が笑顔になれて、未来に対してたくさんのワクワクを持ってもらえるようになったら、とってもうれしいです。少しでもお客様に関われることで、提供できる価値はないかと、毎日考えています!

●略歴

札幌開成高等学校卒業
北海道大学教育学部卒業
精神科病院や介護事業を運営する医療法人の法人事業部にて勤務
上記医療法人を退職後、札幌を明るくすべく、札幌リブレ行政書士法務事務所を開業

●行政書士になったきっかけ

●もともとは教育学部の出身です
学生時代、「将来は学校の先生になるの?」とよく聞かれる教育学部の私は、最初から法学部で法律を学んでいたわけではありませんでした。それではなぜ、行政書士になったのか?というのは結構お会いする方々から多くいただく質問です。きっかけはひょんなことでした。教育学部でしたので、取ろうと思えば学校の先生になるための教職免許を取れるのですが、その中の必修科目に「法学入門」という授業が入っていたことが全ての始まりでした。
●法律との出会い
ここだけの話、当時は法律なんて全く興味がなかったので、むしろ面倒くさいとすら思っていたのですが、嫌々出席した最初の「法学入門」が、それまで法律になんら関心を持っていなかった私に衝撃を与えました。人間が社会で生活していく上で、法律は絶対について回ってくるにも関わらず、身近な生活に関わりそうなことですら、知らないことばかりだったことに気づかされたのです。その中で、行政書士という資格、仕事があることを知り、猛勉強を始めました。
●持っているものを欲しい人に提供するということ
学校を卒業して、精神科病院や介護事業を経営する医療法人で勤めるようになりましたが、その中で感じたことは、自分にとっては当たり前の知識や能力が、それを欲しい人にとってはとても価値があるということ。その価値を提供して、その人の問題を解決したりニーズを満たすことによって「笑顔」がうまれること。そして、その「笑顔」は周囲の人にどんどん連鎖していくということでした。

例えば、私はパソコン関係はちょっと得意だったので、ちょっとしたパソコンのトラブルやプリンターの故障などのときに、よく声をかけられていたのですが、案外ただの操作ミスだったり、軽くメンテナンスをするだけで調子が良くなったりということが多かったので、割とすぐに解決できることが多かったのです。なので、やっていることとしては全然専門的なことでもなく、特別な知識もいらないような簡単なことだったのですが、そんな些細なサービスの提供によって、喜んでくれる人たちがいることに気付いたのです。

●行政書士を選ぶ

サービスを提供することの素晴らしさに気付いた私は、専門的なサービスをプロフェッショナルとしてもっとたくさんの人に提供して、関わった方々の人生に、ちょっとでもプラスの効果を提供したいと思うようになりました。そこで、私が仕事を通してやりたいことと、そういうことができる仕事とが、学生時代に興味を持ち始めた行政書士であるというところに結びついたのです。
●行政書士としてのやりがい
行政書士という仕事の性質上、会社や事業を始めるというような「希望」へ踏み出すような場面や、家族が亡くなって相続などの手続きをどうしたら良いのかというような「不安」を解消するための場面が多いのですが、どちらにも共通して言えるのは、お客様に満足してもらえるサービスが提供できると、お客様が「笑顔」になってくれるということです。そしてその「笑顔」は、そのお客様の周囲にも少しずつ影響して広がっていくと感じています。そんな素敵なきっかけの1つになれることが、私にとっての一番の喜びであり、行政書士としての仕事のやりがいであると思っております。これからももっと、1人でも多くの「笑顔」のきっかけになれるように全力でやっていきますので、皆さまよろしくお願いいたします!
行政書士 安田大祐 署名

②スタッフ(社会保険労務士:吉田直史)プロフィール

●基本情報


プロフィール写真(吉田直史)プロフィール写真(吉田直史)

氏名 ●吉田直史(よしだなおひと)
生年月日 ●1980年5月6日おうし座
あと一日早ければ昭和55年5月5日の5並びでした
最近は連休中に誕生日が過ぎてしまい、少し寂しいです笑
血液型 ●O型
おっとり、おおざっぱと言われます。当たっています。
血液型性格診断は詳しくありませんが、たいていの人に「O型ですよね」と言われます。
資格 ●社会保険労務士
出身 ●北海道帯広市出身
高校卒業までは一度も引っ越しを経験することなく育つ。
その後は2、3年おきに引っ越しを繰り返しています。
最近は札幌に落ち着いています。
趣味① ●料理
大学入学と同時に始めました。
最初はカレーしか作れませんでした。
今は餃子やハンバーグなど、ひき肉料理が得意です。
趣味② ●読書
小説、新書、専門書、マンガ、何でも読みます。
小説は文庫、マンガは青年誌が好きです
最近読んだ物 小説:何者(朝井リョウ著)、マンガ:かくかくしかじか(東村アキコ著)
一言メッセージ ●縁あって代表の安田と知り合い、縁あってリブレで一緒に働くことになりました。
リブレの中では社会保険部門を担当します。
単に手続代行業務に終わることなく、お客様の本音を聞き出し、本音に寄り添った提案をすることを心がけています。

③スタッフ(事務員:信田ちひろ)プロフィール

●基本情報


プロフィール写真(信田ちひろ)

氏名 ●信田ちひろ(のぶたちひろ)
生年月日 ●1984年8月31日 乙女座
(乙女座ですが、残念ながら全然乙女ではありません...普段は少しオッサンぽいところがあるんです。野菜『8(や)3(さ)1(い)』の日で覚えやすいかもしれません。)
血液型 ●A型
(割と典型的なA型だと思います。真面目で几帳面(たまに大雑把)、何事もしっかりやらなければと思いながら生活していますが、気を張ってばかりでは疲れてしまうので、息抜きもしっかりしていこうと思います。)
出身 ●旭川
(生まれも育ちも旭川です。短大の時に一度札幌に住みましたが、やはり旭川ののどかな感じが私に合っていると思ったので、その後は旭川に戻りました。今でも旭川に行くと、のどかな感じがやっぱりいいなと思いますが、札幌は地下鉄が便利で、お店もいっぱいあるので不自由しない所がいいですね。札幌のいいところをもっといっぱい見つけていこうと思います!)
趣味① ●お菓子作り
小学生の頃からお菓子作りに興味を持ち、今まで何度も失敗してきましたが、失敗は成功の元とも言われるように、何度も作っていくうちにちゃんとしたものが出来上がることや、かわいいデコレーションを自分でアレンジしたりすることに楽しみを覚え、時間がある時にはケーキを焼いたり、タルトを作ったりと色々作っています。
趣味② ●エレクトーンを弾くこと
3歳の頃から習っていて、中学卒業とともに辞めてはしまいましたが、辞めた後も自分の好きな曲を練習して弾いたりしています。小さい頃はみんなピアノを習っていて、エレクトーンはマイナーだったのでピアノを習いたかったと思ったこともありましたが、今では、音色の多彩な感じや最近の流行の曲を弾くことができることが楽しいので、エレクトーンを習っていて良かったと思っています。)
一言メッセージ ●まだまだ行政書士事務所での仕事は慣れない事も多いので、色々と勉強したり、知識を吸収したりしながら全体を把握出来るように成長していきたいと思っています。仕事では事務がメインなので、作業効率を上げる事を考えながら仕事をしたり、丁寧な仕事が出来るように注意を払って仕事をして、持ち前の真面目さや几帳面さを生かして、細かなところにも気づけられるように一所懸命頑張っていきたいと思います。笑顔を忘れず、初心忘れるべからずで頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

事務所住所・アクセス

●営業時間

月曜日~金曜日9:00~18:00
(事前連絡で土日祝日・平日時間外対応可能です!お気軽にご相談下さい。)

●住所・連絡先

住所:〒060-0032 北海道札幌市中央区北2条東3丁目2番2号マルタビル札幌9F
電話番号:011-213-0978
FAX:011-351-1590
メール:info@sapporo-libre.com

●地図(google MAP)


●所属

日本行政書士連合会(第12011820号)
北海道行政書士会札幌支部(第5259号)
札幌商工会議所会員(会員No.1283237)
札幌商工会議所

対象エリア

■直接の面談を必要とする業務

●札幌市内全域
(中央区、北区、東区、西区、南区、白石区、豊平区、清田区、手稲区、厚別区の全てのエリア)
●札幌市近郊
(小樽市、石狩市、江別市、北広島市、恵庭市、千歳市、岩見沢市、三笠市、美唄市、夕張市、滝川市、砂川市、歌志内市、芦別市、赤平市、室蘭市、登別市、伊達市、苫小牧市など)
●その他の地域
(道内出張、相談に応じます。まずはお気軽にご連絡下さい。)

■直接の面談が不要な業務

●日本国内全国対応可能
メールかお電話にてご対応させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

PAGETOP
PAGETOP